日帰り温泉スポット:甲府積翠寺温泉 要害(山梨県甲府市)

こんにちは。おやま(@yawn_c)です。

今回の『大人の日帰り遠足第2弾』では、
海&山にしか住んだことのない私は
山&山&山な、山梨は甲府までぶらりと日帰り遠足に行ってきました!

 

■甲府積翠寺温泉 『要害』とは?

山梨県 甲府積翠寺温泉 要害 | 信玄公の隠し湯、夜景絶景 露天風呂の宿

●住所:山梨県甲府市上積翠寺町1003
●営業時間:11:00~21:00
●料金:一人 700円

●電車:JR中央線 甲府駅から送迎バス(1日4本)
●車:一宮御坂I.C.より 約30分

武田信玄の父、猛将 信虎がこの地に要害城を築城し、
その山麓に諸病に大変効能のある鉱泉が湧出しているのを見つけ、
一族の療養の場としたのが当温泉の起源です。

永禄四年九月、川中島の合戦で上杉謙信の越後勢を撃退し、甲斐に凱旋した時、ここで傷病兵を治療させたことは史実としても有名です。

これが「信玄の隠し湯」と呼ばれる由来です。
(要害 HPより)

 

■信玄の隠し湯?

IMG_7568

武田信玄の本拠地であった躑躅ヶ崎館、そしてその跡地である武田神社の北にある積翠寺温泉。
鎌倉時代、積翠寺を拠点に修行していた養曽半曽坊により
発見されたと伝わる「山梨三大古湯」の一つです。

源泉が18~20度の冷鉱泉のため、当時は焚き火に当たりながら
源泉の湧き出る祠に入る「あぶり湯」という湯治法が用いられていたとか。
想像しただけで寒すぎる・・・。

今の要害さんの温泉は、2009年に共用開始となった毎分80リットルのお湯を
加水することなく使っているそうですよ!
p.h7.6の弱アルカリ性で肌がつるつるになるとか。

信玄のときの温泉と成分が違ったりするのかしら?と疑問に思ったのですが、
有効な情報が見つかりませんでした。
次行ったら聞いてみよ。

 

■なにはともあれ露天風呂!

IMG_7593

ここを抜けると・・・
ばばーん!

IMG_7591

非常に暗い写真で申し訳ありません。
昼の14時の女湯の露天風呂。
日光が超!強烈でした!!
目 が  開 け  ら れ   な  い ・・・。

IMG_7592
でも端っこに日陰は発生しています。
お湯の出るところ近くに座って、強烈な日光の反射を見ながらぬくぬく。
風も気持ちいいです。

平日に行ったので、女湯には終止誰も入ってきませんでした。
ちょっとマニアックなところにあるせいでしょうか。
休日だとトレッキング帰りなどに寄られる方が多いらしいですよ。
ちなみに男湯からは気持ち良さそうな歌が聞こえてきました。
そりゃあ歌いたくもなるよねー。

こちらの温泉、本当は夜景が名物なんです。
そりゃあここから見たらきれいでしょう!
yougai_2_pic_1_3
(要害HPより拝借)

こちらの温泉は旅館もやられているので、
きっと夜がメインなのでしょうね。
あぁ、夜に行きたい・・・。

ちなみに内湯も一つあります。
洗い場にあるのは一般的なシャンプー・コンディショナーとボディソープ。
皮膚が弱い方は、石けん一式を持ち込まれることをオススメします。

 

■行かなきゃわからない!ちょこっと注意。

●コーヒー牛乳がない。
IMG_7594

ミルクセーキで我慢しましょう。
自動販売機はダイドー。

『武田神社の裏』。バスは?タクシーは?

前述の通り、武田神社の北にあります。
あるわけですよ。
タクシーで10分程です。

私は甲府駅→武田神社観光→温泉と向かう予定を立てました。
甲府駅から武田神社は歩いて30分。
途中山梨大学を突き抜けますが、びっくりする程まっすぐです。
ストレートです。ストレートラインです。ストレートステップです。
紅葉の季節などは歩いて行くのもおすすめです。

・・・話が逸れました。

さて、その武田神社。神社の前にお店が一つ。
そしてバス停とタクシー乗り場が一つ。
武田神社の方に要害さんへの行き方を聞いたところ、
バスが出ているとのこと。

ですが・・・そのバス・・・
バス停に行ってみると、1日2本でした。
朝と夕方のみ・・・。(信じられなくてお店の人にも確認)
甲府駅→武田神社のバスはたくさんあります。

しかたないので、行き方をタクシーに切り替えたのですが
今度はタクシーが来ない。
再度お店の人に聞いたところ、平日だから結構来ないかも・・・とのこと。
場合によっては呼んだ方がいいです。私は呼びました。

ちなみに武田神社→要害は歩いて行くと30分程のようなのですが、
道が狭い上に坂が急。そしてカーブだらけな上、車が通ります。
安全のためにも歩いて行くのは止めた方がいいと思います。
タクシーに乗った後、歩く選択肢をとらなかった自分を褒めました。

●帰りの送迎バス注意!

時間が基本的に決まっています。
入館した際にフロントに確認することをオススメします。

↓確認していなかった私が、飛び乗ったバスから慌てて撮った入り口。ぶれぶれ。
IMG_7595

私は行けませんでしたが、このすぐ裏には信玄生誕の寺積翠寺があります。
信玄の産湯に使ったと言われている井戸が残っているそうです。

これから寒くなってきます。
是非パワーを蓄えるためにも、のんびり温泉に出かけてみてくださいね!

おやま

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中